本文へスキップ

電話でのお問い合わせTEL.03-3789-1153

〒157-0066 東京都世田谷区成城6-5-27 2F

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ(成城ささもと小児科のコンセプト)

  目指したのは産婦人科、実は小児科ではありませんでした。手紙1 子どもの夢
けれどもその目線の先は同じ・・・。

    『安心というおみやげを渡して帰っていただくこと』

  成城ささもと小児科から帰られる時、まだ症状は残っていたとしても

    『今日ここへ来て良かったね』と親子が口にできることです。

  開院当初※手紙4 開院時のご挨拶)よかかげた『今、心の医療を目指してー』を続けながら、ご両親の声にならない声に耳を傾けていくことが私のやるべき事だと考えています。

           どんなささいなことでもかまいません

           そのためにいる小児科医なのですから

                         かなりおしゃべりな院長 笹本 明義(ささもと あきよし)


略歴(医師として通ってきた道)

 1976年駒場東邦を卒業後東邦大学医学部へ
1982年青木継稔先生(元東邦大学医学部学長)手紙2 (小児科医としてのふたつの目)、小屋二六先生(元東邦大学医学部佐倉病院副院長)に師事し東邦大学医学部大橋病院へ入局します。
以後大森病院新生児科を経て1984年国立小児病院アレルギー科の門をたたき故飯倉洋治先生(元昭和大学医学部小児科教授)のご指導を仰ぎ手紙3飯倉洋治先生追悼とそれに対する手紙の中に書かれているようなアレルギー一筋の診療・研究に没頭しました(疲れたー)現在の国立成育医療研究センターアレルギー科です。

その後東邦大学医学部大橋病院に戻り、小児科全般・アレルギー外来を続け小児科医局長を経て成城ささもと小児科・アレルギー科を開設しました。1993年の出来事です手紙4 開院時のご挨拶)。
 私の数少ないアレルギー科医として密かな自慢(??)は、日本小児アレルギー学会雑誌(1987年創刊)創刊号の第1ページに自分の論文を掲載することができたことかな、ずいぶんたくさんの論文を書きました。手紙6 日本小児アレルギー学会誌

   医学博士(1988年取得)日本小児科学会認定専門医 日本アレルギー学会認定専門医
  
   東京医科大学地域担当教授  東邦大学医学部客員講師  
            明治Seika株式会社アドバイザリー・ドクター
 


医師になった理由


手紙 (子どもの夢








成城ささもと小児科成城ささもと小児科・アレルギー科

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-5-27-2階
TEL 03-3789-1153
FAX 03-3789-1154